★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  ドラゴンボールってセル編以降サイヤ人しか戦力になってないよな
★pickup★
 

ドラゴンボールってセル編以降サイヤ人しか戦力になってないよな

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
気円斬とかいう地球人でも格上倒せる技開発したハゲ有能

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
17号と神コロは互角やぞ



3: オッス!オラ名無し
なお格上倒した実績はない模様



4: オッス!オラ名無し
でも天津飯はセルを足止めしたから…



5: オッス!オラ名無し
ピッコロが戦力外になるの嫌い



11: オッス!オラ名無し
>>5
ピッコロは合体で強くなれる可能性があったけど、ナメック星人ほぼ全滅しちゃったし神様も使ったし、もう合成素材がないからなぁ



13: オッス!オラ名無し
>>11
なんかのゲームのIFでピッコロ大魔王と融合する話すこすこ



7: オッス!オラ名無し
サイヤ人編からサイヤ人しか役にたってないぞ



8: オッス!オラ名無し
なお12宇宙の戦いは人造人間が制した模様



10: オッス!オラ名無し
ミスターサタンがいなけりゃブゥは無理やったぞ



14: オッス!オラ名無し
サイヤ人も戦力になってなかったろ



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2018/11/11 00:29
  2. 身勝手の極意がサイヤ人以外でも可能になってからサイヤ人そのものにさえ存在価値がなくなりつつある

  3. 2018/11/11 02:21
  4. ※1身勝手の極意って、強者(つわもの)がある程度 実力が近い相手に対して使うから良いので有って、例えば、クリリンが完全体セルに身勝手の極意で戦っても通じないのでは? あれは、負荷の掛からない界王拳的な技なんだろうな。

  5. 2018/11/11 03:50
  6. そもそもこれは「ドラゴンボール 」って物語だろ?いつから「サイヤ人物語」になったんだ?まだ他にも掘り下げられるべきキャラ、ファンを多く持つ人気キャラは沢山いるのにどうしてそうサイヤ人にばかり拘るんだろう。映画やる度にもそう。いつも二言目には「サイヤ人の秘密に迫る」じゃん…

  7. 2018/11/11 08:24
  8. ※3
    そりゃファン人数も売り上げも、多くの人気キャラを全部足して10倍してところで2人の純粋サイヤ人には遠く及ばないからだよ
    それだけ悟空とベジータの人気が凄すぎるし、実際そっち寄りに作れば売れちゃうし
    それに加えて2人とも戦闘狂かつ家庭持ちでライバルで滅んだ種別の生き残りとか
    、もう話が作り易い設定てんこ盛りだし

  9. 2018/11/11 15:18
  10. そもそも設定的に戦闘民族なんだからサイヤ人が頭1つ抜けるのは仕方ないでしょ

  11. 2018/11/11 16:15
  12. ※4
    にしてもだよ…進撃・ワンピ・ナルト・ガッシュ・戦国BASARA・キングダム・テラフォマ、、、、他の戦闘描写重視の漫画やアニメは色んなキャラにスポット当てて魅力引き出してそれぞれのストーリーを育んだ上で最終的に主人公を立てるけどドラゴンボール (特にブウ編以降)はそう言う努力一切しないのも事実じゃん。結局、髪や肌の色変えたパワーアップ方法しか能が無いのを隠すためにしてるスタッフの女々しい言い訳なんだよ。

  13. 2018/11/12 01:55
  14. ※3
    それは気になっていたなぁ。
    DB超ではDBを使う回数は7回ある訳だが1回も集める話も無ければ
    7個を奪い合う話も1回たりとも無かった。
    もう集まっている事前提で話が進むうえに
    トランクスをゴッド化や鍛え上げるなどで済んだ話で良かったのに
    過去の世界にまで悟空がしゃしゃり出たので孫悟空に頼り過ぎて
    孫悟空がいなければ話が作れない状況は確かに酷過ぎるとは思う。

  15. 2018/11/12 16:43
  16. 俺はベジータファンで純粋サイヤ人ももちろん好きだけど昔は悟空と肩並べるってより追いつくことはできないけど諦めないところが好きだった。んで、偶にピッコロや悟飯に超えられた時に超え返す方が燃えた。今は悟空以外にライバルが居ないのが物寂しいし何よりプリキュアみたいに悟空と何かある度に2人肩並べて一緒に戦ってたり商品にプリントされてるのが違和感ありあり。

  17. 2018/11/12 17:13
  18. 孫悟空やベジータの強さに合わせた敵が二人を目掛けて襲ってくるからな。それに、ピッコロも宇宙人なのにも関わらず、外部(地球外)者から誰からも狙われない。ナメック星人は種族的に恨みを買ったりしないからかも知れないが…。ピッコロ自身、孫悟空やベジータに信頼感や安心感を寄せてるから、自身に生命的危機感が無いし、目標や自信を失ってるのかもな。宇宙人だし、良き師匠を持てば活躍出来る可能性は有るのにな。ウィス以外に役職のあるキャラが出てくるか、宇宙(暗黒魔界など)へ修行の旅に行くとかしないとパワーアップの説得力無いか。

  19. 2018/11/13 11:13
  20. ※6
    別に誰も言い訳はしてないだろw

    そもそも原作者の烏山がキャラに愛着をもつタイプじゃない
    ブウ編以前もワンピやナルトのようなキャラの掘り下げなどほとんどない
    悟空と出会う以前の過去や家庭環境が明かされたキャラが何人いる?

    そして、それは欠点であると同時に物語がスピーディーに進む長所でもある
    だからドラゴンボールはあれだけ色々な戦いがありながら全43巻だ
    ワンピみたいに全ての戦いで主要キャラ全員に見せ場を作ってたら2倍以上の巻数になってただろ

  21. 2018/11/18 17:40
  22. 仮に、今後、地球組が界王神界かビルス星で修行したって狙われるのは、サイヤ人だもんな…地球組で頑張れば倒せる様な相手(敵)は現れないだろうし。それを考えると「力の大会」は活躍する最大のチャンスだったけど、大活躍したかって言われるとなぁ…。サイヤ人は、地球組の活躍の場を奪う意味でも元凶だな。




コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

ハイスクール編で悟飯が悟天に言ってたと思う。



飛ぶ方が早くなったからいらんくなったってどこかで言ってなかったっけ?



ゴジータはGTでの4以外は戦いに完全に勝利してるから強い印象の人が多いのかな



ベジットは本編では一度も勝ったことがない上に最近だとヒーローズの方でブルーも4もひどい扱いだったのがな



本来は何百年掛けて実る豆なんだろうな。それを…。
>>23
>悟空ほどの大食いでも腹一杯になるしな
ヤジロベーはよく爆発しなかったな
孫悟空「セル!そいつが、



圧倒的な力でねじ伏せて、そのまま勝つって劇場版の尺でしか許されないからな
ボコって勝つってイメージ悪いしな



※12
一応はザマスの野望を砕いて悟空達が過ごす現代の世界やもう一つの未来トランクス世界を守ることは出来たからタイムマシンで現世にやってきた意味自体はあったんだが、



あの結末だと、未来トランクスは、何の為に現世に助けを求めに行ったのか分からんよな。まして、ブルマまで未来トランクス軸の世界へ連れてったんだから、ザマスを倒した後



今までのDBってサイヤ人編ではヤムチャやピッコロが死んだので
DBを手に入れられる可能性を模索してナメック星へ行くと
ベジータやフリーザ軍が居てナメック星を蹂躙してい



ゼノバースだな

映像もきれいだし話も面白い



※8
単純って言葉と出してる例が合ってないぞ、それは単に整合性がないシーンだ

俺もザマス編の酷さは否定しないよ、単にこいつの案がドラゴンボールでされても誰もついて



※7
持論によっぽどの自信があるのか、自分が同じ事してる自覚ないのかWWW
自己評価高いバカって大草原WWW



※6
ザマスの行動が単純明快なら分かるが単純でもないだろ。
しかも悟空の体を奪ってベジータ刺してベジータは一度目は逃げて
また未来に戻ってきたら今度はベジータが「悟



※6出た!相手を肯定出来ない否定厨W大草原W



>>18 のって、「ドラゴンボール伝説」か何か?



※2
単純明解でライトなのが売りの作品に、オタク向けの理屈っぽい展開を当てはめたって、需要と合わなくて視聴者がつかないぞ
お前が需要に対する正解を出せるほどの客観的



※1ゴクウブラックの正体なんて単純すぎて直ぐ分かったろ。寧ろ、肉体の入手先が最後まで分からなかった。入手先が未来トランクス軸の心臓病で亡くなった孫悟空で、ザマスと



ザマスも鍛えればビルス並に成長するらしいし
南の界王神あたりも生きてれば強キャラの一角に食い込めたのかな
シン?うーむ



ストーリー自体には色々言いたいことはあるけど、ゴクウブラックのキャラクターは素晴らしかった。あの嫌味な性格は悟空が頭を打っていたらってIFやターレスではあり得なか



ゴクウブラックの最初の登場に関しては良かったと思うけど正直その後の設定のひねり具合の悪さがなぁ。
ブラック登場して悟空と戦っていた当時、
悟空の攻撃で胸を押さえて



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング