★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  セル >  ドラゴンボールのセルって絶対に第一形態が一番怖かったよな…話が通じないというか、わかりあえる感じが一切ない雰囲気で
★pickup★
 

ドラゴンボールのセルって絶対に第一形態が一番怖かったよな…話が通じないというか、わかりあえる感じが一切ない雰囲気で

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
何してくるかわからないような怖さがあった
なんだこいつ…みたいな

第2と完全体は紳士っぽくなって話せばわかる感じ出て怖さ一気になくなった

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
抜け殻見つけるところがピーク



3: オッス!オラ名無し
ホラー的な怖さがあった



4: オッス!オラ名無し
見た目は好き



5: オッス!オラ名無し
だいたいは長くやってくとだんだん展開遅くなる



6: オッス!オラ名無し
分かるマン



7: オッス!オラ名無し
いやセルは最初から知的な



8: オッス!オラ名無し
鳥山的には第一形態で終わってたけどマシリトに変えさせられたんだよな



9: オッス!オラ名無し
鳥山明の渾身のデザインだったのに
鳥嶋さんがダメって言って第二形態から人に近くなった
当時既に担当編集じゃなかっというから凄い話だ



10: オッス!オラ名無し
セルに殺された世界線の方のトランクスも成金のオッサンみたいに吸収されて死んだんだろうなと考えると怖い



11: オッス!オラ名無し
俺は最終形態が1番つよそうで怖かった



12: オッス!オラ名無し
第一は虫っぽくて好き
壊れたタイムマシンの側の脱け殻がまだ湿ってるあたり
ちょっとサスペンスホラー感あって好きだった



13: オッス!オラ名無し
会話は出来るけど話の通じない感じが余計怖かったな



14: オッス!オラ名無し
完全体はイケメン過ぎる



15: オッス!オラ名無し
上半身ふっ飛ばして再生した後も頭に核があるんだと説明するセル好き



【セル】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2021/09/15 22:12
  2. 第一形態は色無しだとカッコいい
    アニメの色はキモい



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

※8
なんやおまえ!
鳥山か?



都合主義じゃない作品がどれだけあるのか
是非とも教えて欲しいもんだわ



説明しよう
トオロが言ってたお前たち(サイヤ)は、絶望の未来しかないぞ!と言って惑星ベジータは崩壊してサイヤ人は絶滅して彼にとってはめでたしめでたしw
となったが実



※2
しかもパワーアップしたらちょうどピッコロ大魔王と同じ戦闘力数値 
ほんまご都合主義ですわw



※1
イヤ それはまぁほれ!
あのペラペラの道着よりかは戦闘服の方がまあ強いし身が軽くなるから だいぶマシになるというわけで(小声)



なんでゲームみたいなグラフィックやねん



この面白い会話を引き出しただけでも鳥山の正解



ギニューのチェンジ強くね?



アスペだらけで草



リアルタイム世代だがセル編はワクワク感があったぞ?あのフリーザを一瞬で倒してしまうほどのトランクスが全く敵わないと言ってる人造人間ってマジか?え?セル?なんだこ



ワイも致命的な矛盾をひとつ
超神水飲んだ悟空が大猿のパワーを引き出したのに戦闘力180〜260?くらいしか上がらなかったこと
大猿になったサイヤ人は人間の時の戦闘力の10



ワイも致命的な矛盾をひとつ
超神水飲んだ悟空が大猿のパワーを引き出したのに戦闘力180〜260?くらいしか上がらなかったこと
大猿になったサイヤ人は人間の時の戦闘力の10



そもそもフリーザを相手に戦うのに役に立つほど頑丈なプロテクターなのか?って事の方が疑問
戦闘力1320のピッコロの魔貫光殺砲に貫通される程度の防御力だろ



人間の融合はドラゴンボールの前にドラえもんがやってたじゃん?



セルって気円斬当てても即座に切り口から再生しそう



超でも不老不死になったやつ出てきてる。

魔封波などの封印か、破壊の技か、全王による消滅でしか倒せないことが明確になった



地球産のキャラなのに地球を襲った理由
何?この日本語



鳥山本人は細かいこと全部忘れてそう
そこら辺が天才なんだろうな



>>12
ニワカ乙
チョコレートパフェだ!



旧ブロリーのキャラはあれはあれで大人気だったろ
新の方はブロリーの知名度を借りた別キャラだし



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング