★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  ドラゴンボールのたった1人の最終決戦でバーダックがフリーザに向かっていくシーンのBGM覚えてるやついる?
★pickup★
 

ドラゴンボールのたった1人の最終決戦でバーダックがフリーザに向かっていくシーンのBGM覚えてるやついる?

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
めっちゃいい曲だったなーって記憶だけある

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
ソリッドステートスカウターな



4: オッス!オラ名無し
TOKIO...



5: オッス!オラ名無し
すげぇ…マジかよ



6: オッス!オラ名無し
53万で聞こえなくなるの好き



7: オッス!オラ名無し
こわ



8: オッス!オラ名無し
ターレスは?



9: オッス!オラ名無し
筋トレの時いいぞ



10: オッス!オラ名無し
これか
https://www.youtube.com/watch?v=zWkjBqBvAqk



悟空の顔にスカウターって最強の組み合わせだな



11: オッス!オラ名無し
見てきた
53万…こえーよ



12: オッス!オラ名無し
このEDの曲も好きだったな



13: オッス!オラ名無し
あれサントラに入ってなくて
キャラソン集に入ってるんだよな



14: オッス!オラ名無し
フリーザに挑む時も流れてたっけ?
ドドリア戦では流れてた記憶ある



15: オッス!オラ名無し
そうだっけ?昔の記憶だから曖昧かも



16: オッス!オラ名無し
スーファミの超悟空伝の戦闘曲もソリッドステートスカウターっぽいよね
むしろ元に作ってんのかな?



17: オッス!オラ名無し



18: オッス!オラ名無し
スパーキングメテオやる時絶対この曲にしてた



19: オッス!オラ名無し
>>18
ショート版なのが残念だよな



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2020/10/01 23:42
  2. オリジナルがあったのかよ



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

>>1
想像力たったの0.001か…。



>>45孫悟空のコピー(髪の毛ちぎって作った人形の奴)だろ?
アニオリの。
>>1こいつの1って、馬鹿ナンバーワンの1だな 愚問すぎる。



ラディッツの海山昆布は有能やろ



GTは都市伝説であってそういう意味ない。ジース=チーズ マジレスすまん



GTは都市伝説であってそういう意味ない。ジース=チーズ マジレスすまん



そういや、Mベジータ戦での気絶から目を覚ました孫悟空が、
神様の所へ瞬間移動してたっけ



>>14
ナメック星の場所が分からない
悟空が死ぬと界王とのコンタクトが取れない
ピッコロが死んでるから地球のドラゴンボールもない
>孫悟空「死んだらまた会お



※3※4
悟飯は、目の前で悟空をいたぶられてキレてた&1度死にかけて復活して戦闘力が上がった、で戦闘力2800以上だったと思う
それでも最初の不意打ち以外では一撃も入れ



※2
悟飯は、目の前で悟空をいたぶられてキレてた&1度死にかけて復活して戦闘力が上がった、で戦闘力2800以上だったと思う

それでも最初の不意打ち以外では一撃も入れられ



※1
心が折れたとショックを受けたじゃ意味が全く違うだ
悟空は爺ちゃんを殺したのが自分だと知ってショックを受けても心が折れずに戦い続けた



ベジータ18000→ダメージ+パワーボール消費で10000くらに落ちてると仮定すると大猿で10万くらいか
悟空8000→3倍界王拳24000→4倍界王拳32000

大猿から戻ったベジータを悟飯(



6: オッス!オラ名無し
>大猿になった時点でよく心折れなかったな
じっちゃんを踏み潰したのが自分だとショック受けてたぞ、ニワカ



人間は信じたいことだけを信じて、信じたくないことは認めようとしない



炎上もクソも当時はネットが一般化してねーだろ
今同じ事をやったら大炎上だろうな



最後だけリミットブレイカーで草



29 論点のすり替えをすな
にわかが言いそうなことやぞ?ちゃんと読め(必死)



※6
Q.自分のレスみて自分は煽り常習者に当てはまらないと思ってんのか
A.そ(お前だけ)だね



自分のレスみて自分は煽り常習者に当てはまらないと思ってんのか
手帳持ってそう



※1-2連投飛ばしw



ヤコン倒す時はあんまり躊躇なかったな



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング