★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  今の小・中学生ってドラゴンボール超以前のも知ってるの?
★pickup★
 

今の小・中学生ってドラゴンボール超以前のも知ってるの?

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
10年前に改がやってたから大学生とかは知ってると思うけど今の小中学生はどうなの?GTとかサイヤ人編以前とか知ってるのかな?

あれこれ まとめ



3: オッス!オラ名無し
朝にリマスターをずっとやってただろ



4: オッス!オラ名無し
>>3
それが改だろ



5: オッス!オラ名無し
>>3
それ改じゃねえの?
今もやってるの?



8: オッス!オラ名無し
>>5
ああ、あれが改なのか
そしてもう10年も前なのか



6: オッス!オラ名無し
知らないんじゃね
ドラゴンボール超始まったの俺が中1くらいだったと思うし



7: オッス!オラ名無し
>>6
ガキは勉強しろ



9: オッス!オラ名無し
ピッコロ大魔王編とサイヤ人襲来までだよな
あとは蛇足



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2020/07/05 21:44
  2. 人によるだろうが、レンタルビデオ店なり火曜夜の再放送なり古本屋なりネット配信サイトなりネット購入なり床屋や歯医者に置いてあるコミックスなり
    いくらでも昔のドラゴンボールを知る方法はあるぞ

    特に今は小中学生の小遣いでもdアニメストアで昔のアニメが見れる時代だし

  3. 2020/07/05 22:51
  4. 昔はアニマックスでよく放送してたけど今はやってないんか?

  5. 2020/07/06 16:39
  6. DBは漫画で読むべき
    アニメZは声優やBGMやSEは非常に良いけどテンポに問題ありすぎる
    改は全部あかん

  7. 2020/07/06 17:15
  8. ドラゴンボールのコミックスなら少し大きな書店なら全巻置いてるぞ

  9. 2020/07/07 18:50
  10. ※3
    子供は引き延しとか、あんまり気にしない
    今もワンピースやブラッククローバーが引き延しだらけだが普通に子供人気が高い

  11. 2020/07/08 05:03
  12. ドラゴンボールは、物語も理解しやすく親しみやすい。
    途中で離脱する奴なんて想像つかない。
    連載時、魔人ブウのデザインは引いたし、
    ドラゴンボールシリーズで、ラディッツ&ナッパ、16号の扱い、未来トランクス編(中盤~結末)と結構不満は有るけどナ



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

セルがフリーザ以下なら、セル登場時点でフリーザより強い悟空、ベジータ、ピッコロが必死こいて修行してねーよ



カクージャ



つー事で!ドモンのシャイニングやゴッドとマスターガンダムの爺とガロードのエックスのサテライト系とその戦った相手のフロスト兄弟のガンダムはようは偉そうにガンダムを



オトコスキー



鳥山は気分次第
冨樫てめえはダメだ



>>8
ラスボスって魔人ブー?
あれはビビディバビディブーだろ?



>>4
主人公は首相の名前←首相ってだれ?



嫌どう考えてもセルでしょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



※1
答え とことんやろうぜ消えてく星に残った二人
嘘だと思ったらDVDで見てみてねw



>>4の放送回の中に完全に原作にないエピソードがあるけどみんなわかるかな?
[野球中継以外で)



これはドラゴンボールの存在がどれほど知れ渡っているかにもよるな
実際原作でも第1話時点で存在を認知してたのは恐らくブルマとピラフ一味くらいのもんだしなんなら最終回



そもそも地球人ってカテゴリで見ても、17号と18号は素体が普通の地球人で
ゲロみたいに肉体がロボットになってる訳でもないから
「後天的に改造されただけでクリリンより強



サイヤ人は黒髪のはずだ。って話もあったな
アニメの初期ベジータ茶色はいいとしても、超だとパラガスが白髪になってたが



>>1の中に原作にない回があるけどおまえらはわかるかな? (野球中継以外)



17号一択だろw



胸がパチパチするほど騒ぐ元気玉♪



ドラゴンボール1話の放送時ですでに50歳という事実



ベジータも前髪なくなってるやんw



16に1票!



悟飯との組手はキレがあった
実は修行したんじゃないかな



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング