★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  ドラゴンボール超の漫画版が終わるとしてさ、もうGT無理じゃね?
★pickup★
 

ドラゴンボール超の漫画版が終わるとしてさ、もうGT無理じゃね?

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
天使超えは流石にないにしろ、身勝手が任意発動できる様になったら匹敵するレベルだろ

ベジータも進化より上の強さになるだろうし

全ちゃんとかに神々と関わった記憶消して強さをチビブウ倒した辺りに戻してもらわないと

今更、悟空が宇宙に出かけてビルス達より強いのいるはずないし
模造品の模造品だった地球の球っころが黒くなったところで今の悟空やベジータより強い奴が出てくるの無理だし
超3とか完全にメリットない欠陥形態になったし
17号にも家族いるし

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
別世界線だから



3: オッス!オラ名無し
もう漫画版超の悟空達とGTじゃ

ブウ編悟空とフリーザ編悟空以上に強さの差があるじゃん



4: オッス!オラ名無し
まあ悟空子供になったし



6: オッス!オラ名無し
悟空「っていう夢を見たんだ」

これでおk



9: オッス!オラ名無し
最後何やかんや事情ができてビルス様と関わりあう前の状態に戻されるよ



16: オッス!オラ名無し
>>9
そうしないと、今のモロって奴ぐらい特殊能力ない限りは新しい話作るの無理だな
よっぽど事情作らないとほとんどの奴がワンパンで終わる



14: オッス!オラ名無し
超に合わせて作り直せばいい



15: オッス!オラ名無し
GTは悟空消滅エンドが気に入らなかった



17: オッス!オラ名無し
そもそもGTの古いドラゴンボールの設定がおかしい
神さまとピッコロが別れた時点でそのドラゴンボールは消えるんじゃないのか?



20: オッス!オラ名無し
神と神が映画だし超は映画世界みたいなもんだと思ってる
原作ドラゴンボール
ドラゴンボールGT
映画世界線
とこんな感じのイメージ



21: オッス!オラ名無し
スーパードラゴンボールがあるしどうにでもなる



23: オッス!オラ名無し
>>21
流石に場所分かってもウイスやヴァドスがいないと別宇宙まで行けない

今のモロって奴の話みる限りウイスもビルスも自分たちに関係ない限りは協力してくれない

ヒーローズも全ちゃんや大神官様出ていけば瞬殺で話終わるって話だし



22: オッス!オラ名無し
いっそ、完全にパラレルとしてヒーローズをアニメ化した方がいいな

悟空ゼノであって、悟空じゃないから野沢雅子じゃなくても仕方ないし
もう休ませてあげる事もできる
堀川亮も



26: オッス!オラ名無し
昔の神様もどきのナメック星人程度が作ったものからそんな強いやつが出てくる事自体無理がある
願い自体もそんな大したことないよえなレベルだし



27: オッス!オラ名無し
ほかのアニメでもリメイクとか新作作って過去のと矛盾が生じるものたくさんあるだろ



31: オッス!オラ名無し
今のブルーとか身勝手になれる設定でGTのストーリーに入るのも面白そうだけどな
敵キャラも同等にインフレさせてさ
最終的にゴジータ身勝手とか出しときゃ売れる



33: オッス!オラ名無し
>>31
まぁ、今叩いてるのは金の亡者バンダイさんが昔と同じく終わるの許さないんだろうな

ドラゴンボールの再燃のおかげで相当儲けてるはずだし

でもあいつ等バカだから、超で貯めた財産をヒーローズでもう全部使っちゃった
小出ししときゃいいのにもうブルーゴジータじゃなきゃ倒せない様な奴出して終わらせちゃったし
あれまだ続きあるふうにしてるけど、どうするつもりなんだろ



34: オッス!オラ名無し
映画の限りじゃ
ウイスってブロリーが遊ばれるレベルだから
悟空達がウイスより強くなるのは流石にやばい

話が作れなくなる



35: オッス!オラ名無し
gtはアニオリで正史じゃないから平気平気



43: オッス!オラ名無し
ドラゴンボールGTはアニメ・ドラゴンボールZの続編
ドラゴンボール超は漫画・ドラゴンボールもしくはアニメ・ドラゴンボール改の続編
なのでつながりはない



57: オッス!オラ名無し
超アニメが正史みたいな感じになってるけどGTも作者オッケーだしてるから頑張って繋げようとしてるよね
ウーブちら出ししたり



58: オッス!オラ名無し
>>57
矛盾が出ちゃうから繋げるのどうあがいても無理
ブルーとかGTじゃ出てこないし



60: オッス!オラ名無し
GTは長い劇場版みたいなもんだと思っとけばいい
要はパラレル



61: オッス!オラ名無し
トランクスの未来を破壊したことだけは納得いかん



62: オッス!オラ名無し
記憶を破壊されるんだよ



【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2020/03/03 22:06
  2. 案外、GTの1話だけ改変すれば済みそうだけどな。
    「そういや、ウィスさんに、ブルーとかゴッド化の類いには成るなって言われてたんだっけ~。」的な台詞入れとけばさ。別に、夢オチにする必要なんざ全くない

  3. 2020/03/03 22:47
  4. もうGT無理じゃない?ってその疑問を持つことが不思議すぎる

    一応は原作の続編として作られた超の後にGTが続くと思う方がおかしい
    超が原作の最後に繋がろうが繋がらなかろうがGTが原作と関係ない事には変わりない

  5. 2020/03/03 23:05
  6. 「GT超」としてリメイクしたらいい

  7. 2020/03/04 01:18
  8. 何度も言われてる様に、ブラの年齢やブルマと孫悟空「10年よ!10年!(略)」の会話等の矛盾は有るが、何とでも成る?
    鳥山明(原作)と繋がった方が面白味が有るかな

  9. 2020/03/04 02:20
  10. >>4
    ブラの年齢って?原作でもブラはパンより年下なはずだが、それ以外で年齢の矛盾ってあったっけ?

  11. 2020/03/04 17:02
  12. 「超」での扱いを見てて思うんだが、何でまた、原作最終回で悟天を鍛えようと思ったんだろ。
    ガキ達には、目標も無ければ、自分達を狙う敵も居ないし、孫悟空らが居るから成長しないんだろうな。

  13. 2020/03/04 18:40
  14. そもそもピラフ一味が若返って悟空達と仲良くなってる時点で無理だろ
    界王神とキビトも分離してるし、フリーザも超パワーアップした上に生き返ってるし

    序盤から暗に「GTとは繋がりません」って言ってるようなモノだ


  15. 2020/03/07 03:48
  16. なんらかの形でゴッドになれなくなって新たにその領域に近づく方法が超4とかはありそうだな

  17. 2020/03/07 12:37
  18. なんでGTにつながる前提なんだ?
    もう完全に別物だろうに

  19. 2020/03/08 02:39
  20. >>9
    もうっていうか、GT自体が完全な別物だから超がどう展開しようと初めから繋がる要素は無いはず

  21. 2020/03/10 06:38
  22. ちょっとしたことで
    たくさんの未来ができてしまう言うとるやろ。
    枝分かれした内のひとつや。



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

セルがフリーザ以下なら、セル登場時点でフリーザより強い悟空、ベジータ、ピッコロが必死こいて修行してねーよ



カクージャ



つー事で!ドモンのシャイニングやゴッドとマスターガンダムの爺とガロードのエックスのサテライト系とその戦った相手のフロスト兄弟のガンダムはようは偉そうにガンダムを



オトコスキー



鳥山は気分次第
冨樫てめえはダメだ



>>8
ラスボスって魔人ブー?
あれはビビディバビディブーだろ?



>>4
主人公は首相の名前←首相ってだれ?



嫌どう考えてもセルでしょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



※1
答え とことんやろうぜ消えてく星に残った二人
嘘だと思ったらDVDで見てみてねw



>>4の放送回の中に完全に原作にないエピソードがあるけどみんなわかるかな?
[野球中継以外で)



これはドラゴンボールの存在がどれほど知れ渡っているかにもよるな
実際原作でも第1話時点で存在を認知してたのは恐らくブルマとピラフ一味くらいのもんだしなんなら最終回



そもそも地球人ってカテゴリで見ても、17号と18号は素体が普通の地球人で
ゲロみたいに肉体がロボットになってる訳でもないから
「後天的に改造されただけでクリリンより強



サイヤ人は黒髪のはずだ。って話もあったな
アニメの初期ベジータ茶色はいいとしても、超だとパラガスが白髪になってたが



>>1の中に原作にない回があるけどおまえらはわかるかな? (野球中継以外)



17号一択だろw



胸がパチパチするほど騒ぐ元気玉♪



ドラゴンボール1話の放送時ですでに50歳という事実



ベジータも前髪なくなってるやんw



16に1票!



悟飯との組手はキレがあった
実は修行したんじゃないかな



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング