★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  ピッコロ >  ドラゴンボールのピッコロの私服wwwwww
★pickup★
 

ドラゴンボールのピッコロの私服wwwwww

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング

no title

1: オッス!オラ名無し
こんなん笑うしかないだろwwwwww

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
POSTBOYて



3: オッス!オラ名無し
かなかなカオスな回なんだよね



4: オッス!オラ名無し
原作に追い付かないようにと扉絵までも使うからな



5: オッス!オラ名無し
似合ってないともいえない絶妙さ



7: オッス!オラ名無し
鳥山のぎゃぐセンス最高



12: オッス!オラ名無し
>>7
アニメオリジナルだぞ



8: オッス!オラ名無し
免許取る時本籍いるよね
ピッコロはどうしたのか

こんな緑の宇宙人でも違和感無く世間に溶け込んでるってどんな世の中だよ



9: オッス!オラ名無し
いつものは私服じゃなかったのか



10: オッス!オラ名無し
一瞬耐えたけど帽子でもってかれた



13: オッス!オラ名無し
no title



14: オッス!オラ名無し
唯一いいアニオリ回



15: オッス!オラ名無し
顔色悪い小峠かな?



17: オッス!オラ名無し
>>15
ハロウィンでピッコロの仮装してたぞ



16: オッス!オラ名無し
宇宙人なんだよなぁ



18: オッス!オラ名無し
これ悟空さの私服借りてるんじゃなかったけ?
違うかったけ?



19: オッス!オラ名無し
ピッコロってまず確実にヌルヌルしてるよな



【ピッコロ】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2019/04/07 21:21
  2. >>13 孫悟空、亀仙人が着てた様な服装だな

  3. 2019/04/10 03:48
  4. チチが買ってきたんだろうか?

  5. 2020/02/22 16:50
  6. ピッコロ、POSTBOYは草です

  7. 2022/06/19 13:20
  8. >こんな緑の宇宙人でも違和感無く世間に溶け込んでるってどんな世の中だよ


    動物が服を着て喋ったり亀がラーメン食べたり
    鼻の無い地球人や目が三つもある地球人が違和感無く
    溶け込んでる世の中だぞ



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

29
じゃあ フリーザ様のママはエアコとかかな?



原作だと地球人て言ってる描写はない
界王様の時もいきなりオラもサイヤ人だって言ってるし
大根兄貴の時も地球で育ったとは言ったが地球人とは言ってない



原作だと地球人て言ってる描写はない
界王様の時もいきなりオラもサイヤ人だって言ってるし
大根兄貴の時も地球で育ったとは言ったが地球人とは言ってない



イッチはフリーザ Mハゲ王子 ナメクジ大魔王 ベビータイプ
ワイはセル 魔人ブウタイプやな



イッチはフリーザ Mハゲ王子 ナメクジ大魔王 ベビータイプ
ワイはセル 魔人ブウタイプやな



イッチはフリーザ Mハゲ王子 ナメクジ大魔王 ベビータイプ
ワイはセル 魔人ブウタイプやな



イッチはフリーザ Mハゲ王子 ナメクジ大魔王 ベビータイプ
ワイはセル 魔人ブウタイプやな



57
セルの中で状況を把握してたのなら
なんで18号が悟飯がセルをボコったの知らなかったんだよ?



57
セルの中で状況を把握してたのなら
なんで18号が悟飯がセルをボコったの知らなかったんだよ?



57
セルの中で状況を把握してたのなら
なんで18号が悟飯がセルをボコったの知らなかったんだよ?



37
あれ?
セルに殺された奴らを生き返せたのと18号の爆弾取り除いた時のは?



ナメック星の邪悪龍も見たい



なんか逆厨二病みたいw



日本育ちのアメリカ人に「英語使うなダブスタ野郎」とは言わんけどなぁ



59
ドクターゲロの孫て出てきたん?だれ?



26
カカロットが記憶を無くしたのは1歳くらいだからその時の記憶なんて知れたもんだろ?



32
映画だとレタスとスラッグの時に言ってるぞ
オラは(レタスの時悟飯も)サイヤ人じゃねえ地球人だって!



11
だいたい○○に殺された人たちを生き返らせてけろー!だろ



それより地球のドラゴンボール如きで超4レベルの邪悪龍が生まれる設定の方が納得いかん
黒い星のドラゴンボールでやるべきだったろあれ?



※2 ほう?



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング