★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  技・必殺技 >  ドラゴンボールのビームって形と量が違うだけで成分同じじゃね?
★pickup★
 

ドラゴンボールのビームって形と量が違うだけで成分同じじゃね?

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング



1: オッス!オラ名無し
なんでファイナルフラッシュだのギャリック砲だの名前変える必要があんの?

あれこれ まとめ



2: オッス!オラ名無し
色が違う



3: オッス!オラ名無し
効果が違うんやで



4: オッス!オラ名無し
ただの全力パンチに正拳突きだの右ストレートだの崩拳だのって名前が付いてるようなもんじゃね?



9: オッス!オラ名無し
>>4
それは効果や用法が違うやん
光線は全部当ててズドーンやろ



11: オッス!オラ名無し
>>9
エネルギー弾も用法違うんだろ
貫通、目眩まし、切断、爆破、陽動、ダメージ蓄積みたいに



5: オッス!オラ名無し
スペシウム光線とワイドショットくらい違う



6: オッス!オラ名無し
実は成分違うんじゃね?



7: オッス!オラ名無し
成分は違う



8: オッス!オラ名無し
ギャリック砲は押し出し
ビッグバンアタックは爆発
ファイナルフラッシュは貫通



10: オッス!オラ名無し
カルピスの原液と水で薄めたカルピスの違いぐらいみたいなもんで成分は同じだろ



12: オッス!オラ名無し
はいアクマイト光線



13: オッス!オラ名無し
アニメだとビッグバンアタックもただのビームになってて笑った



16: オッス!オラ名無し
クリリンを例にしてもかめはめ波と拡散エネルギー波と気円斬が同じに見えるのか



18: オッス!オラ名無し
分かりやすいな



19: オッス!オラ名無し
ちっちゃいボールみたいな気弾飛ばしたときの音ってポー⬇ヒー⬆だよな?



21: オッス!オラ名無し
プロレスだって同じ技でも名前違うやろ
エースクラッシャーとダイヤモンドカッター
DDTとスパイビースパイク
ストレッチプラムと冬木スペシャル



22: オッス!オラ名無し
衝突すると爆発するエネルギー弾と
蹴り飛ばしても爆発しないエネルギー弾は何が違うの?



23: オッス!オラ名無し
>>22
受け手が爆発しないように弾いてるんじゃね



24: オッス!オラ名無し
パンチとチョップは別物だろ?



【技・必殺技】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2019/02/20 14:15
  2. パンチの例えわかりやすいな
    似た技でも気の練り方とかが違うのかもしれない



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

>>8
ラスボスって魔人ブー?
あれはビビディバビディブーだろ?



>>4
主人公は首相の名前←首相ってだれ?



嫌どう考えてもセルでしょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



※1
答え とことんやろうぜ消えてく星に残った二人
嘘だと思ったらDVDで見てみてねw



>>4の放送回の中に完全に原作にないエピソードがあるけどみんなわかるかな?
[野球中継以外で)



これはドラゴンボールの存在がどれほど知れ渡っているかにもよるな
実際原作でも第1話時点で存在を認知してたのは恐らくブルマとピラフ一味くらいのもんだしなんなら最終回



そもそも地球人ってカテゴリで見ても、17号と18号は素体が普通の地球人で
ゲロみたいに肉体がロボットになってる訳でもないから
「後天的に改造されただけでクリリンより強



サイヤ人は黒髪のはずだ。って話もあったな
アニメの初期ベジータ茶色はいいとしても、超だとパラガスが白髪になってたが



>>1の中に原作にない回があるけどおまえらはわかるかな? (野球中継以外)



17号一択だろw



胸がパチパチするほど騒ぐ元気玉♪



ドラゴンボール1話の放送時ですでに50歳という事実



ベジータも前髪なくなってるやんw



16に1票!



悟飯との組手はキレがあった
実は修行したんじゃないかな



磯部磯辺衛からサヤーテをもらっちゃいましょうw



パチはパチでしか見れない新規アニメとかあるからな。必ず見れるわけでないのも哀しい



悟空も頭のったりして遊び目的



面白いかどうかは別にして、ここはパロって笑わせにきてるとこだよ。
メタル軍曹=ターミネーターとかと一緒な。



ジレン過去コピペとブロリーのバアコピペよく貼られてるけどなんなの



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング