★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  ナッパ >  ドラゴンボール超のナッパwwww
★pickup★
 

ドラゴンボール超のナッパwwww

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング

no title

1: アニこれ
コラだろこれwwwwww
クソワロタwwwwww

あれこれ まとめ



17: アニこれ
サイヤ人は無意味に髪型変わらないから>>1と違って自分で剃ってるんだぞ



2: アニこれ
頭にゴミ乗ってるぞ



4: アニこれ
TVスペシャルの頃から髪あったが?ニワカか?



5: アニこれ
にわか(笑)



8: アニこれ
no title



9: アニこれ
サイヤ人は生まれたときから頭髪が不気味に変化したりしない



16: アニこれ
>>9
剃ったんだろ



13: アニこれ
なんか迫力がない



【ナッパ】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧
  1. 2019/01/14 20:29
  2. ナッパさんだけ改変無し(笑)「映画ブロリー」バトルシーンに時間割きすぎだろ。「フリーザとサイヤ人の事が少し分かる」って謳ってたけど、何か分かったか?「少し」って、事は、まだ何か有るんだろ?これ以上、何が・・・?フリーザ誕生についてか?突然変異らしいし。と言うか、今作で全て明かしてくれよ…。「またフリーザか…」って成るだけでは…。

  3. 2019/01/31 18:36
  4. ナッパだけアニオリと同じだったか



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

漫画の超では17号が「あのチビの好きにはさせたくなかった」と言ってるから視聴者、読者が反感を持つのは間違ってないし、制作側も分かってやってると思う



ゼノバースだな。まさに幼稚園ぐらいにイメージして楽しんでた悟空達と一緒に戦う
DBごっこを大人も満足するシナリオでゲームにした作品だと俺は思った。



重さもほとんど感じないらしいからトレーニングや戦いにはもってこいだし、防御力も普通の服や道着よりもはるかに高いから着ない理由がむしろないだろうな

今となっては見



下に来てるインナーも防具扱いでいいんだよな?
ベジータは長そで長ズボンだけど、ナッパとラディッツって上半身はインナーなしで直接戦闘服着てるし下半身はブリーフ型で



フリーザより強い人造人間も科学だし
17号もブルー並だし
未来の光線銃や戦闘服が役立つのもわかるわ



インフレしても戦闘力が近い相手には役立つんだろうと勝手に解釈してる



いやここはブロリーの二作目の金ブロリーだろぉ?それか伝説のスーパーサイヤ人か青か紫だろ
(悟飯の少年期も、、捨てがたいけど、、)



※9
この意見よく見るけど「だから何?」って感じ
神話を題材にした作品でもなきゃ何の関係もないし興味ない人も沢山いるだろう
別作品でも似たような部分があるからセーフ



まあ、神話の神さまって全王みたいに無邪気で大雑把で非情なのが多いけどな



未来消滅はザマスの暴走と悟空のヘマで最悪の事態になりそうだったのを呼び出されてすぐ少しマシなレベルで止めてくれたから一概に悪とも言い切れない
それでも平気な顔し



破壊神が宇宙のバランスを保つために必要な存在であると語られているように、全王も必要な存在である事は間違いないが、破壊神のようになぜ必要なのかしっかりと語られて事



①全王と名乗りながら消滅しかしていない
②「宇宙多いよね」と言いながら管理しておらず、管理しているのは界王神たち
③サバイバル編の神龍への願いに対して言い事言ったつ



※2
界王神達ならともかく視聴者も悟空達も神じゃないから神の理屈なんて理解できるわけないんだよな
人間にとって悪でしかない全王の言いなりになってる現状は狂ってる



未来の方が弱いっていうのもトランクスの主観だからあってるとは限らないな



ただのクソガキやん



憎たらしいキャラとしての完成度は高いと思う



善悪なんてのは、人間の主観でしかない…ってのは最もだけど
見る側が人間の主観を持ってるから、サイコパスにしか見えない



全王のいい所あげろって方が難しいぜ!



※2
悟空「なあ、ベジータ 魔人ブウに殺された人たちを生き返らせてくれ、って願いの方がわかりやすかったんじゃねえか?」
ベジータ「バカめ バビディやダーブラまで生き



たしかに、あれからスッキリしないまま後味悪いままみたいな感じで、特になにか話し合わず終わってしまってたな 俺も悔しくて腹立つ思いをしてきたもんだから腹いせに建設



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング