★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは
★pickup★
 

『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング

鳥山明の漫画である。略称はDB。
集英社の『週刊少年ジャンプ』で1984年から1995年に連載していた作品。正式表記は英文字だが、日本ではカタカナ表記が一般的。

単行本は全42巻。のちにサイズをやや大きくして一部手を加えた「完全版」が全34巻発行された。
日本のみならず世界各国でテレビアニメ化され、連載終了20年が経過した今もなお世界的な知名度を誇る。

あれこれ まとめ


7つ集めるとどんな願いでも1つだけ叶うという玉「ドラゴンボール」をテーマに、主人公の孫悟空が活躍する物語。
主役の名前からもわかる通り、当初は中国の『西遊記』を下敷きにした冒険ギャグ漫画だった。
旅のきっかけとなるブルマが三蔵法師、豚のウーロンが猪八戒、強くて悪い「砂漠の」ヤムチャが沙悟浄にあたる。牛魔王のようにそのままな名前のキャラクターもおり、如意棒や筋斗雲といった『西遊記』由来のアイテムも登場していた。


初期から少なからず格闘要素はあったが、人気がいまいち伸びず、少年期の第21回天下一武道会編あたりから本格的にバトル漫画へと路線を転向する。

レッドリボン軍編、ピッコロ大魔王編、サイヤ人編…と物語が展開されるごとに本来のギャグや冒険要素は鳴りを潜め、ライバルや凶悪な敵と戦うシリアスな格闘バトルがメインとなっていった。

結果的に10年に及ぶ長期連載作品だったが、何度も連載を延長された節がみられる。有名なのはピッコロ大魔王(マジュニア)を倒したあとの「もうちっとだけ続くんじゃ」、セルを倒したあとの「もうちびっとだけ続くぞ!」だろう。どちらも「ちょっと」どころじゃなかったのは周知のとおり。


【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

鳥山は親交の無い実在の人物にこういう描き方するほど失礼な人間じゃないやろ
こういうデマはしょーもないわ



インフレのせいで存在意義が一番ぶれたキャラだと思う
此処の天津飯の心情を思うと胸がキューっとする
こういう描写を入れたのは鳥山明先生なりの気遣いだと思う



※3な人なんですね?二文字で自己紹介出来るなんて凄ーい!



下品



>>34
ずっとビンボーさんなんだナ



人造人間・セル編はストーリー賛否両論だけどキャラデザに関しては敵も味方も最高に良い



フリーザは、ベジータを可愛いがってた
からこそ、
一番成長を恐れて
雑用レベルの仕事しか与えてなかったのかもな。
『サイヤ人(特に上級戦士)は〇〇歳を過ぎないと戦



生まれた時の戦闘力で決まるみたいな設定だったから、伸びしろが無かったんだろうな
って思ってる



下級戦士だったら悟空みたいに余所の星に飛ばされてたはずだから、
幼い頃はベジータと行動を共にしてたという現在の設定では、
少なくとも資質の上では上級戦士だったんだ



ラディッツが下級か上級かに関しては大全集と鳥山のコメントどっちを重んじるかで変わるが
作中の描写では下級戦士にしか見えない
ベジータ「情けないヤツ」「役に立たん奴



>>6上級戦士だぞ
>>8 DON DON 空気になってく~♪
>>9
ベジータ「…」
フリーザ「…」
第二形態セル「…」
魔人ブウ「…」



超3になりたて(?)の悟空>超2に慣れてるベジータ>超2なりたての悟飯>復活セル
操られるとスーパー0.5サイヤ人加算されると見た(笑)



※1
何一つあってなくて草枯れる



まぁ、ベジータ>復活セルくらいでないと
あんな発言出来ないな。



セルと同等か、それ以上の強さのダーブラを終始格下扱いしてたからセルより強いのは確実

悟飯に対しても、キビト戦で超2になったのを見た上で「今やおれたちの方が実力は



正直あの声で名前呼ばれたら勃つ



2作目ブロリーのパンストビーデル



人気はないな。
チャオズ好きって奴聞いたことない。
プーアルより人気ないんじゃね、コイツ



いや立て続けに地球を滅ぼしかねんヤツらがきてんだから闘えるやつは闘ったほうがええやろ。勉強勉強言ってるチチさんの方がおかしい。せめてチチさんひとりで地球救ってか



>>3
そりゃそうでしょう。地球がやばい事にならんうちに悟飯などの有望な人材を育てておかないと。そもそも前線に立たないチチさんがあーだこーだ言える立場じゃない



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング