★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは
★pickup★
 

『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング

鳥山明の漫画である。略称はDB。
集英社の『週刊少年ジャンプ』で1984年から1995年に連載していた作品。正式表記は英文字だが、日本ではカタカナ表記が一般的。

単行本は全42巻。のちにサイズをやや大きくして一部手を加えた「完全版」が全34巻発行された。
日本のみならず世界各国でテレビアニメ化され、連載終了20年が経過した今もなお世界的な知名度を誇る。

あれこれ まとめ


7つ集めるとどんな願いでも1つだけ叶うという玉「ドラゴンボール」をテーマに、主人公の孫悟空が活躍する物語。
主役の名前からもわかる通り、当初は中国の『西遊記』を下敷きにした冒険ギャグ漫画だった。
旅のきっかけとなるブルマが三蔵法師、豚のウーロンが猪八戒、強くて悪い「砂漠の」ヤムチャが沙悟浄にあたる。牛魔王のようにそのままな名前のキャラクターもおり、如意棒や筋斗雲といった『西遊記』由来のアイテムも登場していた。


初期から少なからず格闘要素はあったが、人気がいまいち伸びず、少年期の第21回天下一武道会編あたりから本格的にバトル漫画へと路線を転向する。

レッドリボン軍編、ピッコロ大魔王編、サイヤ人編…と物語が展開されるごとに本来のギャグや冒険要素は鳴りを潜め、ライバルや凶悪な敵と戦うシリアスな格闘バトルがメインとなっていった。

結果的に10年に及ぶ長期連載作品だったが、何度も連載を延長された節がみられる。有名なのはピッコロ大魔王(マジュニア)を倒したあとの「もうちっとだけ続くんじゃ」、セルを倒したあとの「もうちびっとだけ続くぞ!」だろう。どちらも「ちょっと」どころじゃなかったのは周知のとおり。


【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

フィクションにおいてクズである事と憎めない事はあまり関係が無い
コミカルな雰囲気や不思議な魅力でクズ行為の印象を相殺できれば、それで憎めないキャラとして扱われる



どっちがなんて人それぞれだろ
良い歳して自分の価値観が絶対正しいなんて勘違いしてんじゃないよ



4と身勝手で4の方が圧倒的にカッコいいは無いだろ
身勝手の力じゃなく武道を極めたような原点回帰した感じ好きだわ



Заказать seo поисковую оптимизацию сайта, Заказать услуги по продвижению сайта По всем возникшим вопросам Вы можете обратиться в скайп логин <b>pokras7777



ビルスは悟空以外の誰かに倒されてほしい



身勝手の極意は40のオジサンが見ても、カッコいいと思うぞ。



無職が何か言ってるぅ~w



不意打ちで殴ったら痛いんだなって言ってるヤツアホかよ

気を落としたからって筋肉が急に消える訳じゃないだろwww



    ↑
※1また無職か



アニメだけど悟空は超サイヤ人状態で寝てるとこに投石されてすごい痛がってたな
蝶もとまるくらいだし、それこそ2くらいまで落ちてそう



地球組並みに戦わない戦闘民族の孫悟飯に対し、
ヘジータ「俺はもう…闘わん。」→最前線で戦い続けてる王子殿(笑)
まぁ、ザーフリさんが4ヵ月でゴールデン化してるし、「



鳥山って凄かったんだなと最近改めて思う



ドラゴンボールは、敵の強さ(バトル)に頼りすぎ。
新シリーズもどうなる事やら…。



作中ではブルマと悟空からベジータに似てる言われとるし原作最終話付近の対戦表の画像みるとやっぱよく似てると思うわ
ブルマに似てたらキラーノみたいなタイプの顔だと思



>>12お前がナンバーワンだ!アホのw



※2
>界王神の弟子なら誰でも使えるのは漫画超設定だっけ
ソーダ。



界王神の弟子なら誰でも使えるのは漫画超設定だっけ

ヤムチャはどこにでもコアなファンがいるのか厚待遇だよなあ
DSの改RPGなんてシステムがヤムチャのステータスに合



コラだと思ったらヒーローズとはいえ、マジなやつでワロタw



キラキラエフェクトで血もでてないのに服が破れてたりしてるのは不自然
原作フリーザ戦の悟空の方が遥かに強そう



ナメック星でギニュー特戦隊と戦ったあたりでこういう心を無にして相手の攻撃を受け流す的な技は完成してるんだと思ってた



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング