★pickup★

ドラゴンボール あれこれ(DB速報・別館) TOP  >  全般 >  『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは
★pickup★
 

『DRAGON BALL』(ドラゴンボール)とは

人気ブログランキング   2ちゃんねる(アニメ)ランキング

鳥山明の漫画である。略称はDB。
集英社の『週刊少年ジャンプ』で1984年から1995年に連載していた作品。正式表記は英文字だが、日本ではカタカナ表記が一般的。

単行本は全42巻。のちにサイズをやや大きくして一部手を加えた「完全版」が全34巻発行された。
日本のみならず世界各国でテレビアニメ化され、連載終了20年が経過した今もなお世界的な知名度を誇る。

あれこれ まとめ


7つ集めるとどんな願いでも1つだけ叶うという玉「ドラゴンボール」をテーマに、主人公の孫悟空が活躍する物語。
主役の名前からもわかる通り、当初は中国の『西遊記』を下敷きにした冒険ギャグ漫画だった。
旅のきっかけとなるブルマが三蔵法師、豚のウーロンが猪八戒、強くて悪い「砂漠の」ヤムチャが沙悟浄にあたる。牛魔王のようにそのままな名前のキャラクターもおり、如意棒や筋斗雲といった『西遊記』由来のアイテムも登場していた。


初期から少なからず格闘要素はあったが、人気がいまいち伸びず、少年期の第21回天下一武道会編あたりから本格的にバトル漫画へと路線を転向する。

レッドリボン軍編、ピッコロ大魔王編、サイヤ人編…と物語が展開されるごとに本来のギャグや冒険要素は鳴りを潜め、ライバルや凶悪な敵と戦うシリアスな格闘バトルがメインとなっていった。

結果的に10年に及ぶ長期連載作品だったが、何度も連載を延長された節がみられる。有名なのはピッコロ大魔王(マジュニア)を倒したあとの「もうちっとだけ続くんじゃ」、セルを倒したあとの「もうちびっとだけ続くぞ!」だろう。どちらも「ちょっと」どころじゃなかったのは周知のとおり。


【全般】の記事一覧

 ★オススメ記事★
   
★pickup★

 ★あれこれ まとめ★
   


 コメント一覧


コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント

①孫悟空たち→若返ったピラフ一味、
②フリーザ⇔人造人間…お互いに存在を干渉しないのは何故だろう。
①一度、殺され掛けてるし、ピラフ一味だって気付いてるよな?
「おめ



究極悟飯>超2悟飯>サボり悟飯



※1
本編は終わってんだから、これ以上の悟飯のパワーアップ形態なんか見越してないだろ
本来、そもそも兆は極の前段階でしかないんだから「兆しになれるようになった!」なん



最近、スレ立ててる奴、アンチだろ…



>>8それについて、
「復活のF」で言及してるけど、
普通にゴッド化してるんだよな…。
「兆」だと超化してないし。これこそ、
孫悟飯「父さん達とは別のやり方で



※2
ルフィって好きなモノも嫌いなモノもハッキリと言うから、
実際には、そんな台詞は言わないんだよな



>勘違いしてる人いるけどそれの元ネタは「ツギハギ漂流作家」な

元ネタ以前に、ワンピースで使われてない台詞だぞ>「何が嫌いかよりも何が好きかで語れ」

コラ画像と原



>>1-26お前ら全員解読力0の土竜かw



※5「俺も(煽り&荒らし)だけど」が抜けてるぞwww



超からのキャラが最強いわれても納得できる魅力がない



無印のアニオリで、
「悟空、魔界へ行く」
ってのは有ったけどな。
アニオリで「先代の神様」とか時折、ワードは出てくるけど
※4の場合、妄想<本当のストーリーかの様



>>初代ピッコロが魔界に馴染んでそこで王様になってる
そんな設定無いんだが?
オリジナル設定で勝手に改変すんなよ



先祖が宇宙人の天津飯も地球人として馴染んでるし
初代ピッコロが魔界に馴染んでそこで王様になってるわけだから
厳密に言うと魔族じゃなくても魔族の技を会得しててもおか



>>1は悪意or阿呆か、だな。両方の可能性も有るか



あぁ、コイツっていつも他人を煽って荒してる無敵マンか
相手にするだけ無駄だな



※3うん、だからソフトも
SFC(中古)しか買えないのよねw
道端に落ちてたやつかなw



※1
スレタイの「超武闘伝」って読めないかなぁw



ヒーローズのボーカル集とか出ないかな?



お前ら、スーファミしか持ってないのかぁW



映画に限らず超本編でも力の大会では実質数分しか
たってないのに戦闘シーンがめちゃめちゃ長かったりしたりするからな
まあ光速を超える速度で戦闘する奴が登場する世界だ



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング